変形性膝関節症のグレードについて

グレード別の特徴や診断法について

変形性膝関節症は、膝関節の隙間の大きさに応じて五つのグレードに分けられます。そして、その数字が大きくなるほど症状が重くなることを示しています。

 

それではどのような基準が設けられているのでしょうか。

 

医者と看護師

 

グレードごとの症状

グレード0

正常な状態です。

 

グレード1

骨が屋や硬くなっている状態を言います。骨の端は棘のようにとがっている、変形性膝関節症の初期症状です。

 

グレード2

軟骨がすり減ることで大腿骨と脛骨の隙間が狭くなっています。しかしこの段階ではまだ、大腿骨と脛骨の間は3ミリ以上残っています。グレード2が進行し、隙間がさらに狭くなった状態がグレード3です。

 

グレード3

関節の隙間がほとんどなくなり、場合によっては脛骨と大腿骨が接触してしまっている状態を言います。専門的に言うと、「関節裂隙の閉鎖または亜脱臼」という状態です。このとき、膝の靭帯が緩んでしまい、普通に歩行するだけでも膝が横にぶれてしまうことがあります。

 

さらに症状が進むと、関節の隙間が完全になくなり、かつ骨と骨がこすれ、傷ついていきます。

 

グレード4、グレード5

摩擦による損傷が5ミリ以下の場合にはグレード4、5ミリ以上骨が削れている状態はグレード5と診断されますね。

 

グレードの診断方法

このような、グレードの診断は基本的に仰向けに寝た状態とたった状態のレントゲン画像を参考にします。また、レントゲンでは軟骨を移すことができないので、脛骨と大腿骨の隙間で判断します。

 

症状が悪化するにつれて関節間の隙間がなくなると、骨の摩擦による損傷を中心に見て行きます。ただし、注意しておかなければならないのはこのグレードによる診断と症状の痛さは必ずしも比例しない、ということです。

 

グレード0の、正常と診断された場合にも痛みを感じる人は2割ほどいますし、反対にグレード3でも痛みを感じない人もいます。そのため、グレードが低く診断されたとしても、痛みを感じる場合には遠慮せず医師に相談するようにしましょう。