変形性膝関節症対策のインソール・靴について

靴やインソールの選び方について

変形性膝関節症の場合には靴や中敷き、つまりインソールの選び方も重要になります。

 

安定した靴を履くことは転倒を防止する点で有効ですし、インソールで膝への負担を減らすことで症状が改善することがあります。インソールのふくらみを調節することで、膝の一部に偏ってしまった体重を平均化し、膝がゆがむのを防ぐことができるのです。

 

それでは、具体的にはどのような靴やインソールを選べばよいのでしょうか。

 

靴を選ぶときのポイント

靴を選ぶ時には、安定性に関して重視するべきでしょう。

 

靴

 

変形性膝関節症の症状が悪化すると、膝の関節が横にぶれ、普通に歩いていても不安定な感覚を味わいます。そんな状態でヒールの高いものや歩きにくい形の靴を履くと転んでしまう恐れもありますね。

 

また膝への負担も大きくなり、症状が悪化してしまうこともあります。そのため、できるだけヒールは低いものを選びましょう。

 

足の甲を固定することを考えると、ひも靴がよいですが、足の甲をがぶれないようにできればマジックテープを履くのも良いですね。また、その他にも足首やかかとを固定できることも重視するとよいですね。

 

インソールはどのようなものがよいか

インソールは、膝の関節全体の負担を平均化し、膝の負担を減らせるようなものを選びましょう。細かい選び方は膝の変形が内側か外側かによって異なります。

 

膝の変形が、つまり日本人に多いO脚である場合には、足の外側が高くなっているインソールを選びます。そうすると、足の内側にかかっていた負担を外側に分散させることができます。

 

逆に俗に言うX脚である場合には内側が高くなっているインソールを使うことで膝の負担の平均化が可能ですよ。

 

また、インソールや靴の素材は、クッション性の高いものを選びましょう。具体的にはゴム製やエアー製のものが足に優しいですね。

 

地面をけるときに痛みが走らないものがベストです。色々な靴を吟味し、ぜひ自分に合ったものを見つけてください。