変形性膝関節症の装具療法について

装具療法の種類と特徴について

変形性膝関節症は、膝への負担が大きくなることで発症します。そのため、足底の装具やサポーターなどの道具を使用して膝への負担を減らすのが装具療法の主な目的になります。

 

サポーター

装具療法の中で最も手軽なのはサポーターによる療法です。サポーターは自分で購入することが可能です。

 

ただし、サポーターのみでは、膝の負担を大きく減らしたり、関節を根本的に安定させることはできません。

 

サポーター

 

この方法の目的はサポーターをつけたことによる安定感と、保湿・保温効果です。膝を温めることで血行が促進されまた筋肉がほぐされるため、膝の痛みが緩和され膝の曲げ伸ばしがしやすくなります。

 

機能的ひざ装具

膝を安定させるのに効果的なのは、機能的ひざ装具という道具です。

 

この方法は金属製やプラスチック製の器具で太ももから膝の下あたりまでを装具で固定することで、膝の関節を安定させ、膝の痛みを減少させることができます。サポーターを強力にしたものと考えるとわかりやすいですね。

 

機能的ひざ装具の中でも、取り外しの楽な簡単な装具は比較的安価です。

 

ただし、大掛かりな装具に比べると安定性は劣ります。反対に大掛かりな機能的ひざ装具は、膝の関節を安定させる効果は大きいですが、高価なものが多く、取り外しが難しいので普段の生活に支障が出ることもあるでしょう。

 

足底板

足底板は、靴の中に入れるインソールのようなもので、膝にかかる負担を一部に偏らせらないことを目的とします。日本人にはO脚が多く、膝の内側に負担が偏っていることから症状が悪化することが多いので、足底板で膝のふたんを平均化することができます。

 

また、インソールとは違って足の裏側に直接つけることができるので、家の中でも膝への負担を減らすことができますね。足底板は症状の初期の、膝のゆがみが小さな時期に行われる療法です。