変形性膝関節症を予防する為の方法

日常生活の中でできる予防法

変形性膝関節症の要因はいくつかありますが、その症状が出ないように予防する方法は日常生活の中にもあります。

 

膝の曲げ伸ばし

例えば、この変形性膝関節症は日本人に多く発症しますが、その理由が畳にあることは知っていますか。

 

床に座ることの多い日本人はよく膝を伸ばし切る癖がつきがちです。しかし、この癖がつくと、地面と足が接触したときの大きな衝撃を膝の関節で受けてしまいます。

 

そのため、変形性膝関節症の予防には、膝を少し曲げて立ったり歩いたりするよう心がけることが大切です。サラシを巻いて固定するのも一つの手です。

 

また、歩き方にも注意が必要です。よく美しい歩き方は、膝を伸ばし、踵から着地し、また大股で歩くことだといわれますが、実はこれは間違いです。

 

歩いている男性

 

正しい歩き方は先ほど説明したように膝を少し曲げ、踵ではなく足の裏全体で着地し、また少しこまたで歩くようにしましょう。

 

膝の筋肉アップ

普段の生活の中で膝の筋肉を鍛えることも変形性膝関節症の予防になります。

 

椅子に座って足を上げ下げするだけでも膝周辺の筋肉をつけることができます。お風呂やプールの中で足を動かすと、浮力も相まって負担が少なく筋肉をつけられます。

 

もちろん、痛みが大きくなければ、ウォーキングやランニングも非常に予防の効果があります。

 

ただしくれぐれも、膝の関節に負担のかかることや膝をけがするようなスポーツを行うことは避けましょう。特に、突然立ち上がることや走っているときの急停止は足に負担をかけます。

 

膝の半月板などをけがすることも、その時には大したことがなくても、年をとるにつれて変形性膝関節症の症状が現れることもあります。なので、こまめに休憩をとったりサポーターを使用して負担を減らすようにしましょう。